COLUMN
KTERASコラム

空き家を高く売るために知っておくべきこと

目次
 はじめに
 1.空き家買取とは?
 2. 空き家買取のメリット 
 3. デメリットと注意点
 4. 空き家を高価で買取してもらう方法
 5. 空き家売却のステップ

はじめに

空き家は、管理や税金などの負担が大きく、資産価値が下がる恐れがあります。そこで、空き家を高値で買取してもらうための方法をご紹介します。空き家を手放すことで、不要なストレスを軽減し、資産を現金化するチャンスが待っています。空き家売却を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

1. 空き家買取とは?

空き家買取は、不動産会社や買取業者に空き家を直接売却する手法です。この方法を選ぶことで、買主を待つ期間や手間を省くことができ、早期に現金化が可能となります。ただし、空き家買取の際に留意すべき点も多く存在します。まず、空き家の買取価格は通常、不動産市場価格の約5〜8割程度となるため、高額な取引が難しいことがあります。これは、市場の需要と供給によって変動するため、確実な高額買取が期待できるわけではありません。

また、空き家買取に際しては、査定プロセスや契約条件についても検討が必要です。異なる不動産会社や買取業者によって、査定基準や提供されるサービスに差異があるため、複数の業者と比較検討を行うことが賢明です。信頼性の高い業者を選び、公正な査定を受けるために、専門家のアドバイスを受けることも一つの方法です。空き家の買取は、将来的な資産の活用や税金・管理の問題に対処するための有効な手段であり、慎重なプロセスが必要です。不動産市場の動向や現地の状況を十分に調査し、最良の選択を行うことが、成功への近道です。

2. 空き家買取のメリット

空き家買取には、多くのメリットが存在します。まず、この方法を選択する際に仲介手数料が発生しない点は大きな魅力です。通常の不動産売却においては、仲介業者への手数料がかかり、売主にとって負担となりますが、空き家買取ではこの費用を省くことができます。

さらに、空き家を売却する際、取り壊しや大規模な修繕作業が不要となります。これは、買取業者が物件の現状を受け入れるためです。この点から、リノベーションや修繕にかかる費用や手間を節約できるという利点があります。

急な資金が必要な場合、空き家買取は非常に有用です。売却後、すぐに現金を手に入れることができます。これにより、予期せぬ支出や新たな投資に迅速に対応できるでしょう。

また、空き家には不要な家具や家財が残っていることがよくありますが、買取業者はこれらを無料で処分してくれることが一般的です。物件のクリーンアップや整理にかかる手間を軽減し、負担を減らすことができます。

さらに、空き家買取では売主が売却後の物件に対する責任を負う必要がありません。物件の管理や維持にかかる心配から解放され、新たなスタートを切ることができるのも大きな利点です。ただし、売却価格が通常の不動産仲介よりも低くなる可能性があるため、慎重な計画と比較検討が必要です。

3. デメリットと注意点

空き家買取には多くのメリットがありますが、デメリットと注意点も存在します。まず、空き家買取の最大のデメリットは、売却金額が通常の不動産仲介よりも低い可能性が高いことです。買取業者は、市場価格よりも低い価格で物件を買い取ることが一般的であり、高額な取引が難しいことがあります。この点を踏まえて、売却価格の交渉や比較検討が重要です。

また、必ずしもすべての不動産会社や買取業者が買取を受け入れるわけではありません。一部の業者は特定の条件を満たさない物件や地域に関して買取を行わないことがあります。したがって、慎重な選定と信頼性の高い業者を選ぶことが肝要です。

さらに、悪質な不動産会社や買取業者に注意が必要です。市場には信頼性の低い業者も存在し、不正な取引や不当な条件を提示することがあるため、契約前に業者の信頼性を確認することが不可欠です。口コミや評判、過去の取引実績を調査し、詳細な契約条件を文書で確認することをおすすめします。

総括すると、空き家買取は効率的な手段ではありますが、デメリットやリスクも念頭に置いておかなければなりません。適切な業者選びと確実な取引を行うために、専門家のアドバイスや市場調査が不可欠です。空き家の売却を検討する際には、慎重なプロセスが成功への鍵となります。

4. 空き家を高価で買取してもらう方法

空き家を高価で買取してもらうためには、いくつかの方法が存在します。これらの方法を活用することで、売却価格を最大限に引き上げることが可能です。

まず、残置物を撤去することが大切です。空き家内に残った不要な家具や物品は、物件の魅力を損なう原因となります。買取業者が物件の清潔さや整理整頓に注目することから、残置物の撤去は必要不可欠です。不要なものを処分し、空き家を整えることで、買取価格を向上させることができます。

次に、空き家の買取に特化した業者を選ぶことが重要です。一般的な不動産仲介業者と異なり、空き家の専門知識を持つ業者は、市場のトレンドや評価基準に詳しく、高値での買取交渉が期待できます。専門業者を選択することで、最適な価格での売却を実現できるでしょう。

さらに、修繕を検討しましょう。空き家には年月が経過することで傷みが生じることがありますが、必要な修繕を行うことで、物件の状態を向上させ、魅力を高めます。壁の補修、屋根の点検、配管の修理など、必要な作業を実施して買取価格をアップさせましょう。

最後に、ハウスクリーニングを利用する方法も効果的です。清潔で整頓された空き家は、買い手に好印象を与えます。ハウスクリーニングサービスを利用して、物件内外を綺麗にし、買取業者に良い印象を与えることができます。清掃作業は、売却価格を引き上げる手助けをします。

5. 空き家売却のステップ

最後に空き家を売却するためのステップをまとめます。

ステップ1: オンラインで査定依頼をする

まず、空き家の査定を依頼します。これはオンラインで行える場合もあり、複数の業者から査定額を受け取ることができます。査定額は物件の状態や地域によって異なります。

ステップ2: 現地査定をしてもらう

査定額に満足し、特定の業者を選んだ場合、その業者は現地で物件を評価します。物件の状態や設備を確認し、最終的な査定額を提示します。

ステップ3: 売却契約を結ぶ

査定額に合意が得られたら、売却契約を締結します。契約内容には、売買価格、引渡し日、買主・売主の責任などが含まれます。契約書は法的に拘束力を持つため、注意深く検討することが必要です。

ステップ4: 引き渡し・決済を行う

売却契約が成立したら、物件の引き渡しと買取価格の決済が行われます。引き渡し日に物件を買主に引き渡し、売買代金を受け取ります。通常、このステップは公証役場で行われます。

これらのステップを適切に実行することで、空き家の売却プロセスを円滑に進めることができます。しかし、ステップの中には法的な手続きが含まれるため、専門家の助言を受けることが賢明です。また、慎重な業者選びと契約条件の確認も重要な要素となります。

当社は、 全国の空き家問題や相続問題・訳あり不動産の買取を専門とした会社です。 

「豊富な経験」「多数の実績」「高い修復技術」「信用」を武器に、日本全国の空き家問題を抱えている物件を高価買取しております。お客様に寄り添って一番良い解決方法をご提案致します。
不動産回りのトラブルから手続きの仕方など、些細な問題も親身に真剣にお答え致します。 是非お気軽にお問合せください。公式ライン24時間受付中

BACK

関連記事

CONTACT
お問い合わせ

不動産のご相談・宅建業者・各士業の方はこちらからお問合せください。

CONTACT