COLUMN
KTERASコラム

再建築不可を建築可能にする方法とは

目次
 抜け道を見つける
 空き家の活用
 建て替えを考える
 法規制の見直し

抜け道を見つける

再建築不可となっている建物でも、抜け道を見つけることで建築可能にすることができます。抜け道の確認方法や注意点について説明します。

まず、建物の詳細な情報を調べることから始めます。建物の設計図や建築関連の書類に記載されている情報を確認しましょう。そこには建物の構造や特徴、制約事項などが記載されていることがあります。

次に、建物自体を調査します。建物の内部や外部を詳しく調べることで、抜け道が存在する可能性を見つけることができます。例えば、壁や床に隠れたスペースや通路がある場合、それを利用して建物の再建築を行うことができるかもしれません。

ただし、抜け道を見つけても、必ずしも建築可能というわけではありません。建築基準法や地方自治体の条例などによって建築条件や制約がある場合もあります。そのため、抜け道を見つけた後は、地方自治体の建築管理部門や建築士に相談し、確認を得ることが重要です。

抜け道を見つけることで、再建築不可とされている建物を建築可能にすることができる場合があります。

空き家の活用

再建築不可となっている建物を一度空き家にしておくことで建築可能な状態にすることができます。空き家の活用方法やメリットについて説明します。

まず、空き家の活用方法としては、賃貸物件として活用する方法があります。再建築不可となっている建物をリフォームし、一般家屋として利用できるようにすると、住宅需要のある地域では賃貸物件としての需要も見込めます。また、売却や賃貸以外にも、コワーキングスペースやシェアハウスとして活用することも考えられます。

次に、空き家の活用によるメリットについて言及します。まず、再建築不可となっている建物を利用することで資源を有効活用することができる点があります。建物の解体や新築に比べてコストを抑えることができ、環境への負荷も軽減できます。また、地域活性化にも寄与できるため、自治体や地域の推進策にもマッチするでしょう。

空き家の活用には、建物の状態や利用方法によって様々な課題が存在します。たとえば、耐震性や設備の更新の必要性などがあります。しかし、それらの問題を解決することで、再建築不可な建築物を有効に活用し、地域の活性化にも繋げることができます。

建て替えを考える

再建築不可となっている建物を解体し、新たに建て替える方法もあります。建て替えの手順は、まず解体することから始まります。解体には専門の業者を頼むことが一般的です。解体後は、新たな建物の設計と建築が行われます。建て替えの費用は、解体費用・設計費用・建築費用などがかかりますが、新たに建てることで希望のデザインや仕様にすることができます。建て替えをする場合、管理規定や近隣住民との協議が必要となるケースもありますので、周りの環境や条件も考慮して進める必要があります。建て替えによって、再建築不可となっていた建物を建築可能にすることができます。

法規制の見直し

再建築不可となっている建物を建築可能にするためには、法規制の見直しが必要となる場合もあります。再建築不可の建物は、古くなっていたり、耐震性に問題があるなど、建物自体に問題があることが多いです。しかし、法規制の見直しによって、これらの問題を解消し、建築可能にすることができます。

法規制の見直しには、建築基準法の改正や建築許可制度の見直しなどが含まれます。建築基準法の改正によって、建物の耐震性や耐火性などの基準が引き上げられ、再建築不可の建物も建築可能になることがあります。また、建築許可制度の見直しによって、再建築不可の建物でも一定の条件を満たせば建築が許可されることがあります。

法規制の見直しにより、再建築不可の建物が建築可能になることで、地域の景観の改善や空き地の有効活用など、さまざまなメリットがあります。しかし、法規制の見直しには時間と労力がかかりますので、建築を検討する際には専門家に相談し、適切な手続きを行うことが重要です

再建築不可を業者と一緒に解決して資産価値を高める取り組みも話題に

個人の判断では頑張っても再建築不可を可能にするのは時間と労力がかかります。

そのため、一緒に解決してくれる宅建業者に相談してみるのも良いでしょう。

当社は、 全国の空き家問題や相続問題・訳あり不動産の買取を専門とした会社です。 

「豊富な経験」「多数の実績」「高い修復技術」「信用」を武器に、日本全国の空き家問題を抱えている物件を高価買取しております。お客様に寄り添って一番良い解決方法をご提案致します。
不動産回りのトラブルから手続きの仕方など、些細な問題も親身に真剣にお答え致します。 是非お気軽にお問合せください。公式ライン24時間受付中

BACK

CONTACT
お問い合わせ

不動産のご相談・宅建業者・各士業の方はこちらからお問合せください。

CONTACT