COLUMN
KTERASコラム

リースバックのメリットとデメリット:住み慣れた家を手放す前に知っておくべきこと【永久保存版】

はじめに

不動産の売却という大きな決断を迫られている場合、リースバックという選択肢を考えたことがあるでしょうか?リースバックは、住み慣れた家に住み続けながらお金を手に入れる方法として注目されています。しかし、その一方でデメリットも存在し、賢明な決断をするためにはメリットとデメリットを理解することが不可欠です。この記事では、リースバックのメリットとデメリットについて詳しく探究し、あなたの不動産に関する重要な意思決定をサポートします。

不動産リースバックのメリット

  • 住み慣れた家に住み続けられること :リースバックは、住み慣れた家に住み続けながらお金を手に入れる方法として注目されています。これは、家族の思い出が詰まった家や愛着のある近所を離れることなく、安心して生活を続けることができる絶好の機会です。子供たちの学校、友人、近隣の便益など、住環境に対する結びつきが強い場合には特に価値があります。移転のストレスや適応期間を考えると、住み慣れた家に留まることは精神的にもメリットがあるでしょう。
  • 自由に使えるお金が手に入ること : 不動産をリースバックすることで、一時的な資金が手に入ります。この資金は、様々な用途に活用できます。たとえば、リタイアメント資金として積み立てることで、将来の安心した生活に備えることができます。また、子供の教育費や大学の学費、新たなビジネスの立ち上げ資金、夢の家のリノベーション、あるいは海外旅行や趣味に充てることもできるでしょう。これにより、不動産の所有権を手放すことなく、生活の質を向上させるチャンスが広がります。
  • 家の維持・管理コストが軽減されること : リースバック契約により、不動産の所有権が移行するため、従来のオーナーとしての責任がリースバックの賃貸借契約の借主に移ります。これにより、家の維持や修繕に関連するコストが減少します。屋根や配管の修理、庭の手入れ、外壁の塗装など、予期せぬ出費が軽減されるため、財政面での安心感が生まれます。将来の大規模な修繕に対する懸念を取り除くことができ、生活の品質を向上させることができます。
  • 高い利回りと安定した家賃収入 : リースバック物件を購入する場合、不動産の資産を有効に活用する手段として魅力的です。なぜなら、これらの物件は高い利回りを期待でき、安定した家賃収入を得やすいからです。この収益は、リタイアメントファンドを強化したり、将来の不測の事態に備えたりするのに役立ちます。不動産投資のポートフォリオを多様化させ、将来の経済的な安定性を確保する一環として、リースバックは優れた選択肢であることがあります。

不動産リースバックのデメリット

  • 通常の不動産売却価格よりも安くなる傾向があること : リースバックの際、不動産の価値は通常の売却価格よりも低く査定されることがあります。これは、即座に大きな現金を手に入れたい方には不利です。不動産業者は、将来の価値の変動やリスクを考慮して、売却価格を割り引くことが一般的です。その結果、不動産資産の実際の価値と比べて割安で売却されることがあります。したがって、リースバックを選択する前に、売却価格と将来のニーズを検討することが必要です。
  • 不動産の所有権が移行してしまうこと : リースバック契約の一環として、不動産の所有権が移行します。これは、将来的に家を売却する意向がある場合、制約となる可能性があることを意味します。不動産の所有権が他の人に移行することで、将来の資産の売却、相続、または遺産の計画に影響を及ぼす可能性があります。状況に応じて、この点を十分に考慮し、将来のプランを確立することが必要です。
  • 家賃の負担 : リースバック契約では、新たな居住者として家賃の支払いが発生します。この支払いは、住み続けるために必要な費用の一部となります。家賃の額は地域や物件によって異なり、現在の住居コストと比較してどれだけの差があるかを検討する必要があります。将来的な家賃の増加についても考慮すべきです。家賃の支払いが予算に合致するかどうかを検討し、将来の支出を見越して計画を立てましょう。
  • 住み続けられる保証がない : リースバック契約が終了する際、再契約をすることは簡単ではありません。通常賃貸契約は、普通賃貸借家契約と、定期賃貸借家契約に分かれ不動産会社によっては、再契約の条件が厳しい場合もあり、将来の居住が保証されない可能性があります。したがって、リースバックを選択する際には、将来の住環境に関する不確実性を考慮することが重要です。居住の安定性や将来の計画に対するリスクをよく理解しましょう。
  • 投資制限 : 不動産の売主がリースバック契約の借主となるため、不動産を有効活用するための選択肢が制限されることがあります。これは、不動産を投資として考えている人にとってデメリットです。不動産を賃貸物件として管理したい、または将来的に売却して収益を得たい場合、リースバック契約によってその可能性が制約されることがあります。投資家としての目標や計画に合致するかどうかを検討し、不動産資産の最適な運用方法を考えることが大切です。

まとめ

リースバックは、自宅を手放さずにお金を手に入れる方法として有用な選択肢ですが、その利点とデメリットをよく理解することが不可欠です。住み慣れた家に愛着がある場合や、一時的な資金が必要な場合には魅力的な選択肢かもしれません。しかし、将来の計画や不動産の投資を検討している場合には、制約があることを念頭に置く必要があります。最終的な決断を下す前に、リースバックに関する詳細な情報を収集し、個人の状況に合った最良の選択肢を見つけることが大切です。まずは専門知識の高い不動産会社に相談してみましょう。

当社は、 全国の空き家問題や相続問題・訳あり不動産の買取を専門とした会社です。 

「豊富な経験」「多数の実績」「高い修復技術」「信用」を武器に、日本全国の空き家問題を抱えている物件を高価買取しております。お客様に寄り添って一番良い解決方法をご提案致します。
不動産回りのトラブルから手続きの仕方など、些細な問題も親身に真剣にお答え致します。 是非お気軽にお問合せください。公式ライン24時間受付中

BACK

CONTACT
お問い合わせ

不動産のご相談・宅建業者・各士業の方はこちらからお問合せください。

CONTACT