COLUMN
KTERASコラム

【2023年9月更新版】千葉県で空き家・不動産売却をする際の業者選び

目次
 はじめに
 ポイント1: 空き家のリスクを認識しよう
 ポイント2: 適切な売却方法を選ぼう
 ポイント3: 千葉県における空き家対策について
 ポイント4: 不動産買取業者を選ぶ際の注意点

はじめに

空き家問題は日本全国で深刻化しており、その解決策として空き家の売却が注目されています。千葉県においても空き家所有者が増加傾向にあるため、適切な売却業者を選ぶことが重要です。ここでは、千葉県で空き家を売却する際のポイントについて解説いたします。

ポイント1: 空き家のリスクを認識しよう

空き家を所有し続けることは、さまざまな潜在的なリスクを伴います。管理が怠られたまま放置されれば、その場所は犯罪の温床となる可能性があります。人目を避けられるため、不法侵入や窃盗、壁に落書きや破壊行為などが起こりやすくなります。また、空き家は火災の発生リスクが高まるポイントでもあります。適切なメンテナンスが行われないまま放火などがあれば、その被害は甚大なものとなるでしょう。

さらに、老朽化による倒壊の危険性も無視できません。放置されたままの建物は経年劣化が進み、その安定性が損なわれる可能性があります。倒壊すれば、周囲の住宅や施設、道路に被害を及ぼす可能性があり、その結果、隣接する他人の生活や財産にも深刻な影響を及ぼすかもしれません。

さらに、空き家の所有者は固定資産税の支払いを怠るという問題にも直面するかもしれません。自治体は空き家を抱える所有者に対しても固定資産税を課税します。そのため、所有者は空き家を所有するだけでなく、毎年の税金負担にも注意を払う必要があります。さらに、管理が行き届かない場合、不法投棄などの問題が発生することもあります。空き地や建物周辺にゴミや不用品が不法に捨てられれば、その美観を損ねるだけでなく、環境問題や健康問題を引き起こす可能性があります。

これらのリスクを理解し、早めの対策を講じることは空き家所有者としての責任です。定期的な点検や適切なメンテナンスを行い、空き家の安全と周囲の環境への配慮を怠らないようにしましょう。そして、できるだけ早い段階で空き家の売却や活用を検討することも重要です。

ポイント2: 適切な売却方法を選ぼう

空き家を売却する際には、適切な方法を選ぶことが成功への鍵です。以下にそれぞれの売却方法とそのメリット・デメリットをまとめてみましょう。

個人売買:

この方法は、直接買い手を見つける試みです。しかし、買い手を見つけることが難しく、特に需要が低い地域では時間を要する可能性があります。また、建築基準や住宅ローンの問題が絡むこともあり、売却プロセスは複雑です。売却価格が適切に評価されないこともありますので、注意が必要です。

不動産仲介業者:

不動産仲介業者を利用することで、プロのアドバイスを得ながら売却を進めることができます。ただし、売却までに時間がかかることがあり、仲介手数料もかかります。しかし、地域の不動産市場を理解した専門家のアドバイスを受け、高値での売却が期待できる場合もあります。

自治体の「空き家バンク」:

自治体が提供する「空き家バンク」は、所有者が売却を希望する空き家を登録し、希望する買い手とのマッチングを支援してくれる制度です。所有者自身が案内役となり、スムーズな売却手続きを進めることができます。ただし、手続きが必要であるため、また積極的に売却活動をしてくれるわけでは無い為、時間と労力を要する場合があります。売却が決まった際は、自治体に登録されている宅建業者が契約書作成や引渡しについてのやり取りをしてくれるようです。手数料は費用については各自治体に相談してみると良いでしょう。

不動産買取業者:

不動産買取業者は、迅速な売却を可能にする方法です。業者が直接買取るため、売却までの時間が短縮されます。しかし、その代償として買取価格が市場価格よりも低くなることがあります。事前に複数の業者の見積もりを比較し、適切な価格を確認することが重要です。

総合すると、売却方法は状況によって選ぶべきです。個人売買は手間がかかり、不動産仲介業者はアドバイスを得られますが時間がかかります。自治体の「空き家バンク」は案内があるものの手続きが必要です。不動産買取業者は迅速な売却が可能ですが、価格が低くなる場合もあることを理解し、最適な選択をしましょう。

ポイント3: 千葉県における空き家対策について

千葉県では、空き家の増加に伴う社会的な問題に対処するため、空き家対策の推進を図っています。空き家対策とは、空き家の有効活用や管理、解体などを行うことで、空き家の減少や環境整備、地域活性化などを目指すものです。千葉県では、以下のような取り組みを行っています。

平成27年2月に「千葉県すまいづくり協議会」の専門部会として、空家等対策検討部会を設置し、市町村と共に空家等状況及び空家等対策に関する情報の収集、空家等対策の実施などについて検討を行っています。

また、今後の空家等対策の検討のための基礎資料として活用するために空き家に対する意識調査なども実施しています。その他、市町村では、空き家バンクなどの移住支援制度を実施しており、相談先が分からない方向けには、千葉県住宅供給公社の総合案内所内に「住まい情報プラザ」を開設し、住宅や宅地に関する相談受付も行っております。

ポイント4: 不動産買取業者を選ぶ際の注意点

不動産買取業者を選ぶ際には、以下の具体的なポイントに注目しましょう。

まず、専門の買取業者を物件をみてもらいましょう。不動産買取業者から見積もりを取得し、その内容を比較することで適切な価格設定を見極めることができます。

ただし、見積もり額だけで判断するのではなく、その根拠も確認しましょう。仲介業者は現実的な金額より高額な見積もりが出るケースが多くあります。その理由や詳細な内訳を尋ねることで、業者の信頼性を判断できます。価格が高いだけでなく、適切な根拠があることが重要です。

次に、オプションサービスの提供内容を確認しましょう。不動産買取業者によって提供されるサービスは異なるため、自身のニーズに合った業者を選ぶことが必要です。例えば、手続きの代行や引っ越しサポート、不要品の処分など、相続手続きがあるなど、ご自身のスケジュール感と合わせて、総合的な利便性を考慮して選びましょう。

最後に、実績と信頼性を確認することも重要です。業者の買取実績が豊富であることは、その業者が安定して取引を行っている証拠です。また、実績や評判を調査することで、実際の取引経験を持つ人々の意見を知ることができます。信頼性の高い業者を選ぶことで、スムーズな取引が期待できます。

総合して、不動産買取業者を選ぶ際には、価格だけでなくサービス内容や実績も注目しましょう。これらのポイントを考慮することで、自身のニーズに合った信頼性の高い業者を選ぶことができます。

あ行
旭市(あさひし)、我孫子市(あびこし)、いすみ市(いすみし)、市川市(いちかわし)、一宮町(いちのみやまち)、市原市(いちはらし)、印西市(いんざいし)、浦安市(うらやすし)、大網白里市(おおあみしらさとし)、大多喜町(おおたきまち)、御宿町(おんじゅくまち)

か行
柏市(かしわし)、勝浦市(かつうらし)、香取市(かとりし)、鎌ケ谷市(かまがやし)、鴨川市(かもがわし)、木更津市(きさらづし)、君津市(きみつし)、鋸南町(きょなんまち)、九十九里町(くじゅうくりまち)、神崎町(こうざきまち)

さ行
栄町(さかえまち)佐倉市(さくらし)山武市(さんむし)酒々井町(しすいまち)芝山町(しばやままち)白子町(しらこまち)白井市(しろいし)匝瑳市(そうさし)袖ケ浦市(そでがうらし)

た行
多古町(たこまち)館山市(たてやまし)千葉市(ちばし)銚子市(ちょうしし)長生村(ちょうせいむら)長南町(ちょうなんまち)東金市(とうがねし)東庄町(とうのしょうまち)富里市(とみさとし)

な行
長柄町(ながらまち)流山市(ながれやまし)習志野市(ならしのし)成田市(なりたし)野田市(のだし)

は行
富津市(ふっつし)船橋市(ふなばしし)

ま行
松戸市(まつどし)南房総市(みなみぼうそうし)睦沢町(むつさわまち)茂原市(もばらし)

や行
八街市(やちまたし)八千代市(やちよし)横芝光町(よこしばひかりまち)四街道市(よつかいどうし)

不動産買取を専門とした買取業者は、スピード査定・様々な手続きのお手伝いにとても長けています。

地域や地元だけでなく、幅広く取り扱っている専門業者に相談してみるのも良いでしょう。

当社は、 全国の空き家問題や相続問題・訳あり不動産の買取を専門とした会社です。 

「豊富な経験」「多数の実績」「高い修復技術」「信用」を武器に、日本全国の空き家問題を抱えている物件を高価買取しております。お客様に寄り添って一番良い解決方法をご提案致します。
不動産回りのトラブルから手続きの仕方など、些細な問題も親身に真剣にお答え致します。 是非お気軽にお問合せください。公式ライン24時間受付中

BACK

CONTACT
お問い合わせ

不動産のご相談・宅建業者・各士業の方はこちらからお問合せください。

CONTACT